手足口病の症状や対応について学びましょう

サイトマップ

トップバナー

手足口病とは

夏風邪にプラスして手や足に症状が出る

手足口病という病気を知っているでしょうか。既にかかったことがある方、治療した経験があるかたも多くいると思います。これは、夏にひく風邪の一種と呼ばれ、夏風邪と呼ばれることが多くあります。夏風邪にプラスして手や足に症状が出る病気なのです。

コサッキーウイルス

手足口病の事を知らないと症状を見てパニックになってしまう方も多いと思います。中には特別な病気だと勘違いして、早く治療しなければと慌てる方もいるでしょう。そうならないように手足口病についてご紹介したいと思います。夏風邪の通常症状と共に、病原菌によってほかの症状が出るという少し面倒な病気なのです。

コサッキーウイルスという名前のウイルスによって引き起こされることが発見されました。風邪をひくと当然のことですが、咳が出たり、くしゃみが出ると思います。それによって周囲にウイルスを散らす事もあり、トイレの排泄物にもウイルスがついているので、それから感染する可能性もあります。

潜伏期間

ポイント

手足口病の潜伏期間は、短くて3日、長くて6日程度といわれているので、感染し てすぐに発症するものではないのです。家族からウイルスを移されてもすぐに症状 が出る訳ではないので、発病がわかりにくいとされている病気でもあるのです。で すが、焦らず落ち着いて対処しましょう。

高熱が出る訳ではない
女医

手足口病の症状は高熱が出る訳ではないのです。発熱した際でも、37度から3 8度程度しか出ず、数日で熱は下がっていくでしょう。万が一大人の方が発病してしまったのであれば、 マスクを着用し、市販の薬局などでその症状に適した薬を購入し、仕事などは休み自宅で治療しましょう。 子供の病気とはいえ、大人でも油断はできないものです。しっかりと療養しましょう。

手足口病の基礎的知識