手足口病は大人も感染に気を付け予防できると知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

子供がかかる疾患に大人がなる

大人も気を付ける

子供がかかる疾患の中で大人がかかると厄介なものがいくつかありますが、手足口病もその中の一種なのではないでしょうか。幼児の病気とされているので、かかった経験のある大人は少ないと思いますが、子供が感染した際には、大人も気を付けなければなりません。

感染経路はどういったものがあるか

予防策や劇的な治療薬が存在しないので、うがい、手洗い、殺菌剤などを使用し、自分なりに対策を練るしかありません。大人が感染しても、しばらくの療養と治療が必要になるので、仕事に支障が出てしまう可能性も高くなります。大人の場合、どうして感染してしまうのでしょうか。

大人の感染経路はどういったものがあるでしょうか。お子さんが手足口病を患っている際、治療のために世話をしたり、保育施設で子供と接したりすることによって感染してしまいます。乳幼児の場合、おむつ交換やトイレの世話は大人がするので、排泄物から感染してしまいます。

予防策

ポイント

予防策としては、トイレの世話のあと、おむつ替えのあとに必ず殺菌作用のある石 鹸でしっかりと新井、大人でもウイルスに対抗が出来る人とウイルスに負けてしま う人がいるので、感染してしまう人は、基本的に免疫力が低い人となります。夏バ テや疲労などで免疫が低下している可能性もあります。

体調管理、健康管理をきちんと行う
栄養ある食事

免疫力が低下している状態でウイルスが侵入すると大人でも体は負けてし まうのです。こうならないためにも、体調管理、健康管理をきちんと行っていなければなり ません。栄養をしっかりとつけ、十分な睡眠もとり、夏にもウイルスにも、負けないよう なカラダをつくらなければなりません。大人でさえ手足口病にかかってしまうのです。 油断せず、夏はしっかりと規則正しい生活で免疫力を維持しましょう。

手足口病の基礎的知識