手足口病もウイルスのタイプで症状も違いがあることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

大人の手足口病の症状

原因となっているウイルスが豊富

手足口病という疾患は、子供たちだけに感染する者ではないのです。子供に比べて大人の割合は少ないの ですが、患ってしまう可能性があります。大人が手足口病に感染してしまうと発疹以外にも様々な症状が出て来るのです。原因となっているウイルスが豊富なので、一概にこれと は言えませんが。どちらにしても病院に行く必要があります。ですので症状がでたら、お近くの病院で 原因をすぐにつきとめるようにしましょう。

解熱剤などで緩和する

初期症状としては、軽い発熱、喉の痛みが気になるのではないでしょうか。中には40度の高熱が出ることもあります。高熱が出て苦しい際には病院での診察、治療を受けることをお勧めします。疾患自体の治療薬は存在しませんが、解熱剤などで緩和することが出来ます。

大人の手足口病の症状として中期には水疱が出てくるでしょう。早い人であれば、数日で治るのであすが、長い方だと1週間以上続くことも あるのです。幼児の発症例と同様に口の中、手、足の裏などに水ぶくれのようなものが出てきます。足の裏に水疱ができると歩くたびに痛みを感じます。 常にペットの症状をみておき、上記の症状が現れたら、獣医に連れていく用があるのも基礎的知識です。初期症状だとすぐに治るので大丈夫です。

大人の手足口病

ポイント

口の中、手、足の裏の他にも、足の指、手の指、ひざ、手のひら、足の付け根など にも水疱が出て来る可能性があります。口の中、舌にも口内炎のような水疱が出て くるので、痛みを感じて、食事がきつくなると思いますが、栄養を他のものでとる など、水分補給はしっかりとしてください。

流行しているウイルスのタイプ
うがいで予防

流行しているウイルスのタイプによって、その年に広まる手足口病の症状が異なるといわれています。 水疱が大きくなる特徴を持っているウイルスや、クビや腹にも水疱が出るタイプのものもあります。そういったタイプ別のウ イルスの特徴を知っておくことで、自分の対処法が明確になるでしょう。わからない場合も医者に聞いて病院以外での 対処法を知っておく必要があります。

手足口病の基礎的知識