手足口病の症状を緩和するために様々な処方があることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

抗ヒスタミン薬

かゆみが気になって仕方ない

手足口病になってしまうと、中には水疱、発疹のかゆみが気になって仕方ないという方もいるのです。そういった際の治療方法としては、診察を受けることで、抗ヒスタミン剤軟膏を処方してくれるので、それを患部に塗り症状を緩和するしかありません。

お母さん、お父さんがきちんと伝えること

高熱が出てしまった際の治療方法としては、解熱剤の使用になると思います。大人であれば、自分の症状を病院できっちりと伝えることが出来るのですが、乳幼児であれば、自分の症状をきちんと伝えることが出来ないので、お母さん、お父さんがきちんと伝えなければなりません。

お子さんが熱でぐったりしていたり、不機嫌になっていたり、体をかきむしってしまう際には、薬の処方を受けて様子を見なければなりません。また、口の中が痛むのであれば、何を食べてもお子さんが泣いて受け付けないこともあるので、慌てず他のもので代用しましょう。

脱水症状

ポイント

食べ物を口にするたびに泣いてしまうと、かなり可哀想な状況ですが、脱水症状が 心配ですよね。ご飯を食べれないのであれば、水分を与えてください。味の濃いも の、酸味の強い物は口の中にしみて痛いでしょうし、熱いものは痛みが出ると思う ので、お子さんが受け入れてくるものを与えましょう。

食事はのど越しの良い物を
のど越しの良いもの

脱水症状がひどくなると治療方法として、点滴も必要になってくるので、そうならないようにのど越しの良い物を与えるようにしてください。手足口病で下痢になってしまった際の治療法としては、整腸剤を飲ませて胃腸の調子を整えたり、食事療法などの自然な治療で様子を見る必要があります。

手足口病の基礎的知識